HDD to SSD

SSD換装

 

動かなくなったWindowsMacを高速化修理で快適に

ハードディスク交換は最も故障が多く、修理後に満足度の高い修理です。

 

OS(Windows・Mac)が起動しなくなる原因のそのほとんどがハードディスク(以下HDD)の劣化や故障によるものです。パソコンパーツの中で代表的な消耗品のひとつがHDDですが、ユーザーの多くがこの不良によりパソコンを買い替えてしまいます。これは購入先やメーカーでの修理が高額になってしまうこと、そしてOSの初期化によりデータや使用環境を失ってしまうことが原因と思われます。大事なデータの入っているパソコンの故障というものは非常にネガティブな体験です。高額な修理費用を支払ってもパソコンは今まで通りの能力にしか戻らず、大事なデータも失ってしまうのであればいっそ買い替えてしまおうという考え方は非常に理にかなっていると思います。

弊社ではこのネガティブな問題に対して2つの提案をしております。

 

  • HDDから高速型SSDへの換装
  • データのバックアップ・復旧の提供(データ保全環境構築のご提案)

 

SSDを搭載しているパソコンとその他とでは使用環境が大きく異なります。極端に言えばストレスなく使いやすいパソコンと思い通りに動かない使えないパソコンです。実際にはその他のスペックの違いによる使用感の差も多々ありますが、一般的な使用方法のライトユーザーであればあるほどこの違いがはっきりと現れて来ます。「パソコンをカスタムする」というとハードルを高く感じてしまうかもしれませんが、あくまでも「使いやすくする」ということです。そして修理の選択を迫られているシチュエーションで、故障パソコンに対して「使えるようにする」のではなく「使いやすくする」修理は非常にポジティブなものとなります。故障前よりも幸せな環境を創ることが出来るパーツをご提案するからこそ修理の選択肢もメリットをより感じられるのではないでしょうか。

故障というネガティブな問題に日々向き合っているパソコン修理店が唯一お客様に心からお勧めしたいと感じているのがこのSSD換装修理です。

 

 

SSDを選ぶ上で生じるデメリットの代表的なものがパーツ価格とデータ容量の少なさですが、パーツ価格についてはHDDの2分の1ほどのデータ容量でほぼ同等の価格でご用意が出来ます。サイズが小さくなることは一見デメリットのようにも感じますが、データ保護の観点で言えばむしろ好都合です。外付けHDDなどにしっかりと保存しなければいけなくなるからです。弊社では修理の際に可能であればデータの復旧も承っています。ですが、これはあくまでもデータを救い出しているだけであり、今後のリスクは故障前と何ら変わりません。パソコンの故障により修理という選択をしていただいたからにはこの経験を大事にしていただきたいと考えています。忘れて欲しくないのは「いつかパソコンはまた必ず壊れる」ということ。このリスクに対してデータをバックアップすることを覚えてもらうことがもっとも大事です。

何故壊れたのかをお伝えし、どんな修理にメリットがあるのか理解していただく。そして次に壊れた時のために今後どうすればいいのかをご提案する。弊社のスタッフが心がけていることがこの3点です。

数ある修理メニューの中でもっともポピュラーであり、もっとも修理の必要性やメリットが高いHDD故障です。いわば私達の名刺代わりのようにもなっています。パソコンが思うように動かず困っている状況で弊社のページに辿り着かれたのであれば是非一度ご相談下さい。出来る限り解り易い説明をさせていただきますし、ご希望があれば環境を体験いただいてご納得されてから実修理を行います。