UTM

UTMとは?

UTMとはネットワーク型総合セキュリティーのことを指します。
そしてすべてのセキュリティーを集中管理出来ます。
多くは会社内で整備されているものですが、近年では小規模オフィスでも普及率が上がっています。

PCのセキュリテーで身近なファイアウォール。
これだけではすべてのウィルスに万能とは言えません。
しかもこの設定は個々のPCで設定しなければいけません。
これはファイアウォール以外にも言えることです。

スパイウェアサイトアクセス・フィッシングサイトアクセス対策にはWEBフィルタリング。
ファイル感染型・ワーム感染型・トロイの木馬・マクロ感染型等々。これらにはアンチウィルス。
他にも、セキュリテー機能がありますが、先程ご紹介した通りこれらセキュリテー設定を一括して管理できるため、個々のPCに設定をしなくてよいのと、社内だけではなく社外から持ち込まれたセキリティ−の低いPC、あるいはウィルスに感染してしまっているPCにも有効です。

ファイアウォールやIDS/IPS、アンチウィルなど複数のセキュリティ対策を導入すると、情報システム部門の運用負荷は膨大になってしまいます。専任の運用管理者を配置することが困難な中堅・中小企業では、複数のセキュリティを網羅させる対策の必要性は感じつつも、人的リソースやコスト面などからそれらを敬遠してしまいます。しかしネットワーク脅威は、企業規模の大小に関わらず襲いかかって来ます。 UTMは、「セキュリティは向上させたい」「コストや運用管理の負担は削減したい」というニーズを実現します。コストをかけずにひとつのハードウェアで複数の機能の設定や管理を統合し、様々な種の脅威動向を管理・防御(統合脅威管理)することが可能、管理に要する手間を大幅に削減できるというメリットがあります。